なるほど治療食

わかりやすい慢性腎不全の食事

腎臓のプロフィール

(1)腎臓の位置と形

腎臓は、横隔膜の下、脊椎の両側に位置し、そら豆に似た形をした左右一対の臓器です。

腎臓の大きさ
重さは片方120〜150g位、両方で240〜300g位です。大きさは、長さ11cmで幅が5cmです。

(2)腎臓の構造

糸球体は毛細血管が 集まった球体で、 周囲をボーマン嚢(のう) と呼ばれる特殊な袋で おおわれています。 この糸球体と尿細管から なる小さな単位を ネフロンと呼びます。 1つの腎臓に約100万個の ネフロンがあります。

(3)腎臓の生理

腎臓に入った血液は糸球体でろ過され、尿細管に流入します。 尿細管はろ過された物質の中から必要なものを再吸収し、 残りを老廃物として排出します。

(4)腎臓の機能

  1. 排泄機能
    • 老廃物・毒素の排泄

      栄養素がエネルギー源として体内で利用され、燃えカス(老廃物・毒素)を尿の成分として排泄します。

  2. 体液の調節機能
    • 水分の調節

      体内の水分を一定量に保つため、尿の排泄を調節します。

    • 電解質および酸アルカリの調節

      電解質(ナトリウム・カリウム・カルシウム・リンなど)の濃度や量を調節し、血液が酸性にならないように維持します。

  3. 内分泌機能
    • ホルモンの分泌

      血圧を調整するホルモン(レニン)や赤血球をつくるホルモン(エリスロポエチン)などを作り、分泌しています。

    • ビタミンDの活性化

      ビタミンDは腎臓で活性化され、腸からカルシウムを吸収できるようにします。




Copyright(C)2004-2017 Foricafoods Corporation. All Rights Reserved.