会社概要

企業理念

ホリカフーズは、新たな技術開発及び市場開拓を積極的に進め、独自の食の開発型メーカーを目指します。

方針

ごあいさつ

当社は1955年1月、地元有志の尽力により堀之内缶詰株式会社(1998年現社名に変更)として発足し、 その後今日まで60有余年着実な歩みを続けてまいりました。

近年、従来からの食肉製品に加え、咀嚼や嚥下の困難な方向けの介護食や栄養摂取に制限がある方向け治療食、更に災害時等に備える災害食・非常食を開発し、 多くの方々からご満足いただける商品・サービスの提供に努めております。 これからもお客様のニーズにお応えできる価値ある商品をお届けするため、 積極的に技術開発、製品開発に 取り組んでまいります。

当社は、変化する時代にふさわしい開発型食品メーカーとして独自の技術とものづくりによるオンリーワン企業を目指し、 地域社会との調和をはかりながら、21世紀の社会に貢献すべく、新たなチャレンジを続けてまいります。

今後とも皆様のより一層のご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長川 井 義 博

代表取締役社長 川井 義博
設立 1955年1月18日
資本金 2億5,000万円
決 算 3月(年1回)
役 員
代表取締役社長
川井義博
常務取締役
中條均紀
常務取締役
五十嵐一也
取締役兼執行役員
森山秀樹
取締役
内山鉄也(非常勤)
取締役
吉田伸之(非常勤)
監査役
真嶋静雄( 〃 )
監査役
油崎利廣( 〃 )
従業員数 210名(2018年6月現在)
事業内容 治療食、介護食、災害食・非常食、食肉缶詰、食肉加工品(レトルトパウチその他)、調理食品等の製造及び販売
主要販売先 株式会社明治屋、三井物産株式会社、川商フーズ株式会社、全国病院用食材卸売業協同組合(加入企業)
主要仕入先 三井物産株式会社、川商フーズ株式会社、株式会社明治屋、東洋製罐株式会社
取引銀行 第四銀行堀之内支店、三菱東京UFJ銀行新潟支店、北越銀行小出支店
関連会社 デビフペット株式会社、ホリカサービス株式会社 設立

研究・開発
ホリカフーズの製品開発への取り組み

ホリカフーズは、1955年の創業以来、様々な食シーンに寄り添う製品づくりに取り組み、食を通したさまざまな価値を社会へ提案してまいりました。
この取り組みの具体例として、介護食・治療食、災害食・非常食、無菌包装米飯、業務用大型缶詰などの多岐にわたる製品をラインナップしております。

1.健康へのニーズに対応。2.安心・安全な食品づくり。3.食品の品質向上とおいしさの追求

製造
ホリカフーズの食品製造への取り組み

ホリカフーズは越後魚沼の清冽な水と空気、豊かな自然環境のなかで
長年培った確かな技術で製品づくりをしてまいりました。

これからも多様な製品形態に対応可能なライン作りと従業員教育を基幹軸とし、
常にお客様の要望に応え、お客様から信頼される製品をお届けできるよう、日々研鑚、努力を続けてまいります。

ホリカフーズの製造風景

品質管理
ホリカフーズの品質管理への取り組み

2020年より国際的な食品安全規格であるHACCP方式の製造工程管理が
日本国内の食品製造・流通業者に義務化されます。

当社では2000年より本方式の導入に取り組み、その成果として2018年にいち早くHACCP方式の
安全衛生管理の届け出を南魚沼保健所へ行い、受理されました。
これからもお客様から信頼を得ることを最重要課題と位置づけ、食の安全に日々取り組んでまいります。

ホリカフーズの品質管理

一般事業主行動計画
ホリカフーズ株式会社行動計画(第2期)

1.計画期間

平成27年4月1日~平成37年3月31日

2.内容

目標1
産前産後休業や育児休業、育児休業給付、育休中の社会保険料免除など制度の周知や情報提供を行う。
対策
平成27年4月1日~ 社内時報等に掲載し、従業員に周知する
目標2
育児休業取得後、会社復帰に伴い短時間勤務、時間外労働の免除の取得しやすい環境づくりを行う
対策
  • 平成27年4月1日~ 育児休業取得者への聞き取り調査
  • 平成28年4月1日~ 各職場環境の調査
  • 平成29年4月1日~ 制度の取得しやすい体制づくり
  • 平成30年4月1日~ 取得しやすい体制への周知

楽天市場にてホリカフーズの製品をお買い求めいただけます。非常食、介護食、たんぱく質調整食品等、
豊富に取り揃えておりますので、是非お気軽にアクセスしてください。
左記ボタンをクリックすると、ホリカフーズの楽天ショップへ移動します。

ページの上へ